満足する解決を得るための弁護士相談Assist

日常生活を送る中で、自分が弁護士に依頼するほどの問題に係るわけがないと思いがちですが、身近なところにトラブルの種は潜んでいます。

相続手続きは弁護士に依頼をしましょう

遺産相続が発生した場合には、相続手続きを速やかに行わなくてはいけません。手続きには、すべて期限が設けられています。期限内に手続きを終わらせないと、相続をしたくない遺産を相続してしまったり、相続をしたい遺産が相続出来なかったりと、いろいろなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そんな時に頼りになるのが弁護士で、どの手続きからすれば良いのかアドバイスをしてくれます。アドバイス通りに行動することによって、スムーズに手続きを完了させることが出来ます。相続手続きには期限がありますので、注意をして手続きを行うようにしてください。

相続手続きを弁護士に依頼する

故人の遺産については一旦、残された家族の共有財産になります。そのあとに、相続人同士でおこなわれる遺産分割協議などで、遺産相続をおこなっていきますので、その流れを無視して遺産を手にする事はできません。遺産の相続手続きに関しては自力でおこなうことも可能です。

しかしながら、専門的な知識がさまざまあり、各所機関に提出したり、期限が定められているようなケースもあります。慣れていない人にとっては時間のかかることでもあります。そうであれば、こうした相続手続きを一括して弁護士に依頼することで、スムーズに終えることができるでしょう。

相続手続きで弁護士しかできないことがあるの?

相続手続きといってもその内容は様々なのですが、果たして弁護士でなければ絶対にできないような案件があるのでしょうか?弁護士しかできないようなことというと、訴訟の代理人です。もし相手方と訴訟になってしまった場合に本人の代わりができるのは資格を持っている人だけです。

それ以外の銀行口座の閉鎖や、遺言書の作成、遺留分減殺請求などは、司法書士でも担当してもらうことができますし、相続税に関する手続きにおいては税理士しかできません。相続にかかる費用を安く抑えたいと考えているのであれば、できるだけ司法書士に依頼するといいでしょう。

弁護士なら複雑な相続手続きもしっかりサポート

弁護士は法律に関するスペシャリストですが、その法律事務所によって得意分野があるようです。そのため相続手続きについて相談したいのであれば、その分野に強い弁護士へ相談するのが賢明です。

その依頼費用は、他の司法書士や行政書士と比べ相場が高いとされていますが、複雑な相続問題や紛争が生じている場合には力強い存在となってくれるでしょう。司法書士や行政書士は法的に決められた範囲内でしか対応できないこともあり、状況が複雑であるそう場合は、再び相談窓口を見つける必要があります。費用も時間もその分かけることになるため、状況を判断してから、相談先を見つけるのが良いでしょう。

相続人で行う相続手続き

故人が亡くなってしまい行われるのが、相続人で行う相続手続きになります。この事は法律で決められていて、一切いらないような場合においても、遺産放棄をおこなわなければいけません。

生前に書かれた遺言書などがあれば良いのですが遺言書などが一切ないようであれば、遺産分割協議でひとつひとつの財産をどうするか、話し合いが必要になります。万が一、負債などがあった場合にも、その財産も相続されますので期限内に相続を放棄しなければいけません。さまざまなことがありますので、気をつけながら相続をおこなっていくことが大切になります。

相続手続き・遺言書作成に関連する記事

メニュー

大阪の弁護士 成田の弁護士 船橋の弁護士 債務整理 自己破産 過払い 遺言書作成 相続手続き 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料事例 交通事故弁護士

債務整理、過払い請求、自己破産を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

弁護士相談Assist

弁護士に交通事故を相談

司法書士について

自己破産

過払い請求

相続手続き