満足する解決を得るための弁護士相談Assist

日常生活を送る中で、自分が弁護士に依頼するほどの問題に係るわけがないと思いがちですが、身近なところにトラブルの種は潜んでいます。

多重債務者と過払い請求と今

今現在多重債務をかかえている人こそお金がなくて困っている人が多いでしょう。しかしでは借金を返済している最中に過払い請求をすることができるのでしょうか?もしできるのであればその戻ってきた分をしばらく返済にあてることができますよね。

実際できるのですがやる人は少ないと言われています。なぜかというと債務中の過払い請求は債務整理にあたるため、信用情報にチェックが入ることになります。そうするとどうなるのかと言いますと、クレジットカードの作成ができなくなるということと、分割払いができなくなるということと、新たに借り入れができなくなります。

弁護士などの法律家に依頼を行いたい過払い請求

最近ではテレビなどでも、過払い請求という言葉をよく聞くようになりました。そのようなことから知っている人も多いかも知れませんが、過去の借金での返済で払い過ぎてしまった利息分がある場合において、債権者側に請求をおこなうことでお金を請求することができます。

自力でおこなうようなこともできますが、手間やリスクなどがありますので弁護士に相談をおこなうことで、安心して手続きがおこなうことができるでしょう。債務者によっては、多額の金額が返還できることができますので、該当する人は早い段階でおこなうようにしましょう。

司法書士や弁護士に頼んで行う過払い請求について

過払い請求は、借金を返済する際に、利息制限法で定められた上限金利よりも多く払ってしまった分の利息を取り戻すために行います。過払い金が生じたのは、2010年まで借金の上限金利が出資法と利息制限法でそれぞれ異なっていたため、利息として無効ではあるが貸金業者は刑事罰を受けないいわゆる「グレーゾーン金利」が存在していたことが原因です。

利息としては無効なので、過払い金の返金を貸金業者に請求することができます。過払い金請求は個人でもできますが、業者と交渉する必要があるので、こうした請求に強い司法書士や弁護士に依頼することが推奨されています。

多重債務をかかえていた人こそ過払い請求

多重債務をかかえていた人こそ過払い請求をしてみる価値があるのです。もし一つの借り入れ先から10万円ずる返金されてきたら6社だけでも60万です。弁護士に依頼する費用をここから差し引いたとしても十分な金額です。

特に今から10年ほど前に完済が終わっている人は要注意で、過払い金がある可能性が非常に高いです。1社だけでしたらそこまで高額にならなくても何社もあれば次第に大きな金額になってしまいます。試しに無料電話相談などで自分に過払い金があるのかどうかだけでも診断してみてもらってはいかがでしょうか?その金額を聞いてから実際に行うかどうかは考えればいいのです。

過払い請求で払いすぎた利息の返還を

近年テレビやラジオのコマーシャルで過払い請求を代行する法律事務所や司法書士事務所が見られます。多重債務者の法定金利以上の払いすぎた利息を取り戻す手続きが過払い請求です。個人で請求を行うと、膨大な時間と労力が掛かり、精神的負担も大きいものとなります。

しかし、過払い金を取り戻すための手続きを専門家に任せてしまえば、簡単に取り戻してもらえる場合もあります。その際、専門家に支払う手数料は、払い戻しを受けた過払い金から払うことが、最近一般的になってきています。まずは、自分の状況に合った専門家をインターネット等で探してみてはいかがでしょう。

大阪、京都、神戸の弁護士みお綜合法律事務所

多重債務、債務整理、任意整理、過払い請求、自己破産の相談やB型肝炎訴訟、給付金の相談。交通事故に強い弁護士です。 交通事故の慰謝料や後遺障害などの相談。

借金相談・過払いに関連する記事

メニュー

大阪の弁護士 成田の弁護士 船橋の弁護士 債務整理 自己破産 過払い 遺言書作成 相続手続き 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料事例 交通事故弁護士

債務整理、過払い請求、自己破産を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

弁護士相談Assist

弁護士に交通事故を相談

司法書士について

自己破産

過払い請求

相続手続き